【学校茶道】第40回東北学茶研修会(宮城)

 

日時 平成26年7月27日(日)28日(月)

 

第40回東北学校茶道連絡協議会研修会

7月27日(日)28日(月)の2日間にわたり、宮城主幹による研修会が行われました。梅雨明けの太陽に輝く海と松の緑が美しい松島大観荘において、「伝えよう茶道を明日へ~日本の文化を通し豊かな心を育む~」をテーマに東北6県12支部の271名が参加し開催されました。

image001
呈茶席
image002

開会式

初日は高校生による呈茶席で歓迎、開会式、総本部報告、そして公立校3校による茶道授業の事例発表がありました。またサンファン館館長濱田直嗣先生により「伊達政宗と支倉常長」と題して記念講演がありました。

image003
事例発表
image004

記念講演

2日目は早朝の茶会があり床の間の大宗匠筆「瀧涼風来」で身を引き締め、続いて分科会、今回のテーマにそって13グループに分かれ、ワークショップ形式で話し合いが行われました。そして閉会式に先立ち、ワークショップ13グループの代表者により「まとめ」の発表が行われました。

image005
茶会
image006

ワークショップ

image007
「まとめ」発表
image008

閉会式

>「ホーム」に戻る