月釜<瑞鳳寺>政宗生誕450年記念茶会

とき 平成29年5月23日(火)
ところ 瑞鳳寺山内
受付 午前7時~午後3時
出席者 272名(内水屋役員35名)

 

平成29年は仙台藩祖伊達政宗公生誕450年の記念の年にあたり、
仙台市内において多くの記念行事が行われております。
淡交会宮城支部では瑞鳳寺5月の月釜を「政宗公生誕450年記念茶会」として、
お茶席を担当させて頂きました。

 

想姥仙(千嘉代子様ご母堂伊藤幾久寿様を想い淡々斎宗匠が昭和44年に建立)

 
 

お供えのお菓子とお茶

 
 


【濃茶席】瑞鳳寺台目席

 
 

台目席床 掛物は政宗直筆の消息
唐銅龍耳の花入には大山蓮華

 
 

台目席点前座

 
 

天龍寺青磁写菓子鉢
主菓子は九曜紋を押印した銘「経ヶ峯」

 
 

一席目のお正客は鎌田名誉支部長

 
 

大勢のお客様にご来席頂き
しばし藩祖伊達政宗に思いをはせました

 
 

 
 


【薄茶席】瑞鳳寺 海眼閣

 
 

薄茶席床 鵬雲斎大宗匠の一行物
香合は兜 脛当籠に花菖蒲

 
 

薄茶席の点前座 遠山棚に相馬焼の水指
棗は紫水玉竹に雀   

 
 

桐木地六角盆に
干菓子は銘「はやせ」(早瀬)

 
 

大勢のお客様がご来席され、戦国武将伊達政宗を想い、
その人柄やエピソードにもふれ、お茶席は終日和やかな雰囲気で包まれました

 
 

 
 


【伊達政宗370年遠忌法要】瑞鳳寺本堂
 
5月23日は伊達政宗公のお逮夜(おたいや=命日の前日)で、
当日は瑞鳳寺本堂において伊達政宗公370年遠忌の法要が厳かに営まれました

 

 

>「ホーム」に戻る