【青年部】院内学級訪問呈茶

開催日 平成29年6月30日(金)
場所 東北大学病院
参加者数 青年部15名
院内学級12名(小学生:6名、中学生:4名、ベッドサイド2名)

 
東北大学病院に入院中の小中学生の生徒さんを対象とした行事です。
日本の伝統文化である茶道を身近に感じてもらい、
おもてなしの心を体験学習してもらう事を目的としています。

「タイムマシーン〜未来への大冒険〜」をテーマとし、
子供達と青年部で会場を作り上げていきました。
子供たちは思い思いの未来を想像し、
また遠い過去に思いを馳せてポスターや壁紙を作成してくれ、
青年部では未来への案内役として「ドラえもん」をイメージし道具組などを考えました。
 
 

お茶会は二部制で行いました。
第一部では青年部のお点前を見てもらいながら、
お茶の歴史や設え、お菓子お茶の頂き方の説明を行いました。
子供たちにもお菓子とお茶を味わってもらい、
子供達から保護者の皆さまへお茶を点てる姿も見られました。
第二部では、子供たちから
お世話になっている病院の先生およびスタッフの方々に呈茶を行いました。
 
 


テーマを元に子どもたちと先生方で
素敵な会場の設えを作ってくださいました。
 
 


子どもたちが描く過去や未来への案内人として
青年部では「ドラえもん」をテーマに道具などを準備
 
 


「ドラえもん」が飛び出てきそうな床
 
 


お菓子はどら焼きと金平糖を用意しました。
 
 


第一部では青年部のお点前といろいろな説明をして子どもたちにお呈茶。
 
 


第二部は子どもたちから、親御様や先生方、
スタッフの皆さんへのお呈茶。
 
 


茶杓は竹とんぼを削って作成した「タケコプター」
 
 


「ドラえもん」をイメージして
実行委員会を中心にアイデアを出し合った道具組。
 
 


子どもたちが作成してくれたお茶券。
温かみのある素敵なお茶券でした。
 
 


会場まで来られないベッドサイドの子たちには
コチラの菓子器をご用意。
 
 


子どもたちの笑顔に包まれ、たのしく貴重な経験となりました。
 
 

子供達の生活の場となっている病院で、いかに楽しんでもらうか
またどのようにしたらお茶を身近に感じてもらえるか
ということを考え今回のテーマに辿り着きました。
病院で療養生活を送る子供たちと共に、
楽しく、学びのある時間を過ごす事が出来ました。
 
 

>「ホーム」に戻る