平成29年度宮城支部青年部育成委員会主催「文化講演会」

とき 平成29年7月9日(日)
受付・呈茶:午前9時30分~
講演:午前10時30分~
ところ 宮城支部研修道場
参加者 203名

 
宮城支部青年部育成委員会主催で、
鎌田宗州宮城支部名誉支部長を講師にお迎えして
「文化講演会」が開催されました。
「禅と茶道のかかわり」と言う演題で講演して頂きました。
禅の精神が茶道にどのように関わっているか、露地や躙り口、濃茶を順服する事等、
日常生活に例えて大変分かりやすくお話しして頂きました。
ところで、「青年部育成委員会」とは、
青年部会員の拡大と青年部活動活性化の為の助言・支援等を行う組織として
坐忘斎御家元より委嘱されている委員会です。
 
 

【受付・呈茶】

受付の後1階茶室で呈茶
床の掛物は坐忘斎御家元の「山中無暦日」、花は祇園守り、花入は古銅輪花
 
 


受付の終わった方から順次お菓子とお茶を差し上げました
 
 


お菓子の銘は「花のしずく」(白松製)
 
 

【講演会】

最初に、利休居士道歌・ことばの唱和、黙祷、青年部綱領
 
 


講師鎌田先生のご紹介
 
 


演題は「禅と茶道のかかわり」
 
 


 
 


お礼の言葉は青年部部長小谷一仁
 
 

【講演終了後青年部の活動報告】

小谷部長より「宮城青年部活動報告」
 
 


 
 


2階の掛物は鵬雲斎大宗匠の「無心帰大道」
 
 

>「ホーム」に戻る