【青年部】教養講座

日時 平成30年6月10日(日) 13時 ~ 17時
場所 ビックママスタジオ (仙台市青葉区北目町)
参加者 38名
(宮城青年部31名、京都西青年部3名、
 会津青年部1名、岩手南青年部3名)

 

宮城青年部会員アンケートでも要望の多かった茶杓削りをメインに、
竹についての教養講座を開催しました。

講師には、京都市南区にある三木竹材店店主で、
京都西青年部の部長でもある三木崇司さんをお招きしました。

三木さんは、2016年のナショナルコンファレンスinいわきで
参加者全員分300本あまりの茶杓用竹材を準備されるなど、実績を多くお持ちの方です。
今回、京都西青年部から2名の方とご一緒に、遠路仙台までお越しくださいました。

 

東北ブロック内青年部からも、
会津青年部と岩手南青年部から合わせて4名の方に参加いただき、
青年部間交流の機会ともなりました。

 

茶杓削りの前に、まずは日本人の生活に欠かすことのできない
「竹」についてのお話をしていただきました。
さすがは京都の竹材店のご主人、竹と日本文化についての幅広い知識の一端を、
軽妙なトークで楽しく学ばせていただきました。

竹は世界に1,000種以上もあり、日本にはその半分以上が生育しているのだとか。
清らかで美しくて、筍は美味しく食べられて、色々なものに加工でき、
しかも植えなくても、水や肥料を与えなくてもどんどん生えてきてくれる、
ありがたい植物…言われてみれば本当にその通りですね。

竹の採取から加工の様子に始まり、
日本の「道」と名の付く文化の主たる用具には多くに竹が使われている、
竹はイネ科の植物でコメの親戚…などなど、目から鱗の数々。
これでもまだ、三木さんの知識のほんの一部なんでしょうね。

もちろん茶道の中の竹についても、じっくりと。
伝世の道具を例に挙げながら、
竹の道具がどのようにして茶席の中に取り入れられていったのか、
順を追って丁寧にお話しいただきました。

 

後半は実技です。
三木さんに竹を曲げる実演をしていただいてから、数名の会員で曲げにチャレンジ。
竹片の持ち方や火の当て方など、細かいコツの数々に、またも目から鱗の連続でした。

 

そしていよいよお待ちかねの茶杓削り!
最初は簡単なレクチャーのみで、まず何よりも実践から。
細かいところは、三木さんが各テーブルを回って丁寧に教えてくださいました。

 

和気あいあいおしゃべりしながらも、皆さん、真剣です…。

 

完成!一番乗りです!

 

途中で時間切れになってしまった人もいましたが、
それぞれに思い出に残る一杓を手にすることができました。

 

>「ホーム」に戻る