平成30年度淡交会宮城支部臨時総会並びに定期巡回講演会

と き 平成30年8月26日(日)午前10時~
ところ 宮城支部研修道場
出席者 208名(委任状提出者:1,225名)

 

【開会】

 

藤﨑三郎助支部長挨拶

 

【淡交会特別表彰授与式】

 

総会の議事に先立って、
藤﨑支部長より岡﨑宗澄先生に淡交会特別表彰の
賞状と記念品が授与されました。
なお、同時に表彰された大和田宗嬌先生には
1月開催の新春の集いでお渡ししました。

 

【議事進行】

 

藤﨑支部長が議長に選出されました。

 

 

臨時総会の主な議題は、
「平成31年・32年度役員改選」で次期役員選出と
選出方法について活発な議論が交わされました。

 

  • 掛物:鵬雲斎大宗匠筆 清秋竹露深
  • 花:宗旦木槿・秋海棠
  • 花入:竹一重切 鵬雲斎大宗匠箱「清楽」

 

【平成30年度定期巡回講演会】

 

と き 平成30年8月26日(日)午後1時~
ところ 宮城支部研修道場
講 師 黒田正玄先生
演 題 黒田家を継いで 今、そしてこれから

 

臨時総会に引き続き、午後より定期巡回講演会が開催されました。

 

講師の黒田先生は、平成26年(2014年)
十四代黒田正玄を襲名されました

 

竹林より竹を厳選し、様々な処理を施しながら長期間寝かせ、道具となるまでの過程を、映像を交えてお話しして頂きました。
最後に、鈴木副幹事長より講師への御礼の言葉があり、
講演会は終了となりました。

 

>「ホーム」に戻る