平成30年度 宗旦忌・茶筅供養茶会

とき 平成30年12月16日(日)
ところ 瑞鳳寺山内
受付 午前7時30分~午後2時30分
法要 午前9時~
引き続き茶筅塚前で茶筅供養
出席者 257名(内水屋役員35名)

 

宮城支部では11月19日に御家元で行われる「宗旦忌」にならって、
1ヶ月遅れの12月第3日曜日に瑞鳳寺月釜として「宗旦忌・茶筅供養茶会」を開催しております。
今年は濃茶席を宮城支部、薄茶席を千葉宗春社中が担当しました。

 

【法要】海眼閣にて

 

海眼閣の仏壇
花・お菓子・お茶をお供えして

 

午前9時より海眼閣において鎌田宗州名誉支部長の読経と宮城支部役員の過去帳が読み上げられ、大勢の参列者もお焼香をして先人の遺徳に感謝しました

 

【茶筅供養】茶筅塚前にて

 

1年間稽古で使われ傷んだ沢山の茶筅に火がつけられ鎌田宗州名誉支部長の読経で供養されました

 

赤々と燃え上がる火に順次手を合わせました

 

参列者の皆様も海眼閣の廊下から茶筅供養に参加されました

 

【待合】

 

色紙:鎌田宗承筆「木枯や取り残したる柿(絵)1つ」

 

【濃茶席】瑞鳳寺台目席

 

  • 掛物:鵬雲斎大宗匠筆「壺中有佳山水」
  • 花入:竹一重切 銘「清楽」鵬雲斎大宗匠箱
  • 花:初嵐(白)、木五倍子
  • 香合:織部

 

  • 主菓子:賣茶翁製 公孫樹
  • 菓子器:縁高 鵬雲斎好片木目掛合 好雲斎造

 

一席目のお正客は鎌田名誉支部長

 

大勢のお客様にご来席頂きました

 

 

 

【薄茶席】瑞鳳寺海眼閣

 

  • 掛物:坐忘斎御家元筆「閑坐聴松風」
  • 花:月見車椿(ピンク)、榛
  • 花入:大徳瓦 喝道造
  • 香合:柚子 松月造

 

 

  • 菓子:三冬月 森の香本舗製
  • 干菓子器:扇面蒔絵 表朔造

 

>「ホーム」に戻る