鵬雲斎千玄室大宗匠を囲む懇親会

開催日時 平成30年6月23日(土)
受付・呈茶:15時30分 ~
開式:17時
開催場所 仙台勝山館
参加者数 369名

 

平成30年6月24日(日)の「国宝瑞巌寺平成の大修理落慶法要献茶式」に先立って、
6月23日(土)宮城支部主催の「鵬雲斎千玄室大宗匠を囲む懇親会」が、
仙台勝山館において開催されました。
 
鵬雲斎大宗匠、随行の業躰先生、東北地区の各支部役員、仙台市関係の来賓の皆様、
宮城支部名誉師範・参与の皆様、宮城支部会員の皆様が一同に会し、
大宗匠を囲んで大変和やかなひと時を過ごすことが出来ました。

 

【呈茶席】

 

宮城青年部担当による呈茶席が5階グランクリュに設けられ、受付を済ませた方から
順次お菓子とお茶で懇親会開会前の一時を楽しまれました

 

宮城青年部が鵬雲斎大宗匠にお茶を差し上げました

 

お菓子は白松最中本舗製 銘「広瀬川」
(若鮎の焼き印の薯蕷饅頭)

 

掛物は清香院様の扇面
花は河原撫子とクガイソウ

 

 

大宗匠と郡和子仙台市長

 

呈茶席会記

 

【懇親会】

 

いよいよ懇親会が開会します
オープニングは聖和学園短期大学OGによるハンドベルの演奏

 

 

 

鎌田宗州宮城支部名誉支部長の挨拶

 

鵬雲斎千玄室大宗匠のご挨拶

 

郡和子仙台市長のご挨拶

 

長谷川吉茂東北地区地区長のご挨拶

 

西村明宏衆議院議員(宮城支部顧問)のご挨拶

 

土井亨衆議院議員のご挨拶と乾杯のご発声

 

中野正志参議院議員(宮城支部顧問)のご挨拶

 

熊谷大利府町長のご挨拶

 

しばし和やかに歓談

 

佐藤宗博宮城支部幹事長の中締めの挨拶で
和やかに過ごした懇親会は散会となりました

 

【国宝瑞巌寺 平成の大修理落慶法要献茶式】

(平成30年6月24日 主催:瑞巌寺)

 

夏日を思わせる快晴に恵まれた松島の国宝瑞巌寺において、
鵬雲斎千玄室大宗匠のご奉仕による献茶式が執り行われました
 
濃茶席(席主:鎌田宗州宮城支部名誉支部長)・薄茶席(席主:岡﨑宗豊宮城支部参与)・
香煎席(担当:聖和学園高等学校)が設けられ、ご来席の大勢のお客様で一日賑わいました

 

【献茶式】

 

献茶式が執り行われる瑞巌寺本堂へ向ってご参進される大宗匠

 

【濃茶席】

 

 

 

【薄茶席】

 

 

 

【香煎席】

 

 

 

>「ホーム」に戻る