【青年部】親子合同教養講座

日時 平成30年4月8日(日) 12時半 ~ 17時
場所 淡交会宮城支部研修道場
参加者 75名
(宮城青年部40名、先生27名、秋田青年部2名、
福島青年部5名、岩手南青年部1名)

 

今年初めての教養講座として、岡﨑宗豊先生による講演会を開催いたしました。
青年部にお弟子さんを推薦してくださっている先生方と一緒に楽しめる機会を作りたいという思いから、
親子合同教養講座とさせていただきました。

また、講演に先立ち、
3月2日~4日に行われた淡交会青年部ナショナルコンファレンス2018の参加者による
「帰りました茶会」を行い、大会参加の報告をさせていただきました。


講演前「帰りました茶会」を行い、ナショナルコンファレンスの
ご報告をさせていただきました。

 

床は、2014年の第1回ナショナルコンファレンスの福引でいただいた、
坐忘斎お家元筆の扇面、「青雲在目前」。

花入もお家元のお作で、最後の全国大会のチャリティーに出展のものを
青年部の先輩からお借りして使用しました。

 

ご講演の演題が、「季節のしつらえ」ということで、
春らしく釣り釜を使用いたしました。

 

お菓子の銘は「誇りと情熱」。
ナショナルコンファレンス2018の大会テーマ。
“どこまでも透き通った青”で情熱を表現。
葛の中に桜の花びらを散らしました。九重本舗玉澤製。

 

演会場の後方に、ナショナルコンファレンス2018の写真や研修の報告、
チャリティー出展のお道具などを展示いたしました。

 


講演開始までの待ち時間には、展示コーナーや、
実際にナショナルコンファレンス2018で使われた映像をご覧いただきました。

 

いよいよご講演。
「季節の移り変わりとしつらえ」という演題でお話しいただきました。
青年部と先生方、計75名が出席いたしました。

 

1月から12月のそれぞれの茶席のしつらえについて、
ひとつひとつ丁寧にご講演いただきました。

 

今期行っている若手育成のための研修「宮城茶道ラボ」のリーダー、佐藤直人さんによる謝辞。
今回の講演会は第4回研修も兼ねており、研修メンバーも16名全員が参加いたしました。

今回、四季折々の茶席のしつらえについて、全体を改めて学ぶことができました。
講師の岡﨑宗豊先生には、お忙しい中、事前に資料を作り、
講演中も2時間ずっと立ちながらお話しくださるといった、
多大なご協力をいただき、今回の行事を行うことができました。深く御礼申し上げます。

 

>「ホーム」に戻る