【青年部】宮城青年部オンラインありがとう茶会

日時 12月13日(日)13時~15時
会場 オンライン
(茶会会場:こまつまちづくり交流センター)
参加人数 34名(宮城青年部10名)

 

宮城青年部では石川県小松市の行松旭松堂さんの和菓子作りキット「おけいこばこ」を活用したオンライン企画を5月から毎月開催しています。今回は、いつもの和菓子作り体験の後、「おけいこばこ」をはじめられ、これまで毎回講師としてご指導くださった、行松旭松堂 店主 行松宏展さんが青年部をご卒業されるということで、お祝いと感謝の想いを伝えるため、サプライズ茶会を行いました。リモート茶会として案内していた行松さんを、サプライズでお茶席にお迎えし、直接、作った和菓子とお茶をお出しいたしました。
また、今回も全国13青年部の会員さんがこのオンライン行事に参加され、皆さんからの感謝を届けることができました。

 

参加者のみんなで記念撮影♪
北は青森、南は熊本青年部が参加しています

 

まずは、「おけいこばこ」で和菓子作り体験
今月は“クリスマスローズ”でした♪

 

リモート茶会で正客の行松さん。宮城から映していると思っていたら、あれ??
副部長の渡辺さんが茶会会場に連れていき、ありがとう茶会が改めてスタート!

 

「おけいこばこ」に添えられた行松さんの巻紙の手紙を紙釜敷にしました
そのくらいの分厚さ
毎回のキットに行松さんの想いが込められていました

 

宮城青年部ということで清香院様お好みの千歳盆点前をいたしました
拝見されている茶杓は、小谷部長が削ったものです

 

銘「前のめり」
時代の変化に前のめりに挑戦し続けた一年であり、シフト、変化を節のずれで表しています

 

宮城青年部より前期・今期の部長の小谷部長、前々期部長の結城さん、来期部長の渡辺さんが現地より感謝をお届けしました

 

今年で青年部をご卒業される行松さん
この二期で二度も宮城青年部行事に来てくだいました。

 

コロナ禍で始まったオンライン企画、今年5月から毎月開催し10回の開催、今回で一旦は最後となります。最初は宮城青年部会員での開催が、他青年部にお声掛けさせていただき、最終的に25青年部、のべ約250人の方々がご参加くださいました。講演会や作家さんのトークライブなど、常にオンラインでの楽しさを追求し続け、飽きることなく繰り返しご参加くださった方々も多くいらっしゃいます。
これからも「前のめり」にオンライン青年部活動の楽しさを高めると共に、全国の青年部会員とのつながりを広げられるように活動していきたいと思います。

 

>「ホーム」に戻る