令和3年度第3回淡交会宮城支部研究会

と き 令和3年11月13日(土)・14日(日)
ところ 宮城支部研修道場
講 師 今日庵業躰 山本宗知先生
科 目 (炉)初炭手前・重茶碗・流し点
参加者 研修道場で参加(141名)
Zoomで視聴(165名)

 

新型コロナウイルス感染症再拡大の影響により、9月開催の令和3年度第2回研究会は、緊急事態宣言下の期間に含まれた事から中止とさせて頂きました
そして、10月後半から11月にかけての新規感染者の減少傾向により、第3回研究会を無事開催する事が出来ました
第1回研究会に比べると、2回目の募集・3回目の募集ともに、会場参加者・Zoom視聴による参加者ともに大変増加しました。
この事により、このコロナ禍の下ではもう暫くの間「事前申込による完全予約制・少人数制・インターネット(Zoom)による視聴」を採用した研究会等の諸行事を開催する必要がありそうです
会員皆様のお気持ちに寄り添う事が重要だと実感出来た研究会となりました

 

「研究会」の看板と受付

 

まず、検温

 

受付名簿にて受付・体温の記録

 

受付終了後、身支度を整え手指の消毒をして2階へ

 

科目は「重茶碗」 
会場出席者は、指定の場所に座って頂きました
Zoom視聴の方には会場全体カメラと天井カメラの2画面を配信

 

新しいプロジェクターの導入により、会場スクリーンもZoom配信画像もクリアな画像を実現できました

 

>「ホーム」に戻る