【学校茶道】ごあいさつ

 

宮城学校茶道連絡協議会について

 

宮城学校茶道連絡協議会は、昭和48年に発足し、大学、専門学校、高等学校、中学校、小学校、幼稚園、児童館やその他の施設などで、裏千家茶道を教えている指導者や学校関係者及び学校茶道に関心のある会員で組織されている団体です。

年間の主な行事は、総会、春季研修会、東北学校茶道連絡協議会研修会、夏季研修会、七夕茶会、児童生徒学生茶会です。行事報告として昭和56年に機関紙「ぎんなん」創刊号が発行され、平成29年で37号となります。

裏千家茶道を通して、児童、生徒、学生の豊かな心や思いやりの気持ちを育み、より良い人間形成がなされるよう、会員相互の理解を深めつつ、会員それぞれが向上心を持って日々研鑽しております。

>「ホーム」に戻る